無線研の活動日誌

東京理科大学I部無線研究部の日々の活動状況を葛飾よりつぶさに報告いたします。 たまにプギャーしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14thロボでサバゲ参戦(?)記

松尾です。最後に更新してから1か月も経ってしまった...。

週1,2で更新する予定だったけど、授業始まるとそうもいかない。授業を6コマほど余分(笑)に入れたら、詰んだ。馬鹿ぁー゜゜(´□`。)°゜

でもまあ、ニソコンminiがあるので、(広告を見てもらうためにも)そろそろ復活させねばと思っている。最後の記事で、夏休み後半の成果を語るといっていたのだが、それも語らないままになっているし。

先日、14thロボでサバゲに参加してきた! 参戦者は、私とkikuti君である。

20121028_120451.jpg

12thは、kikuti君とFumiya君が共同で一つのサバゲ機を作っていたのだが、設計と制御系担当が分かれているのは何かと不自由だったようで、2人はその後話し合って、別々にやることにしたそう。それで12thの“キクチ1号”は、kikuti君が14thまでに設計を含めて完成させることに。

一方Fumiya君の方は、サバゲからは一旦退いて、「ラジコンサーボで4足8軸の多足を作って前進・旋回のプログラムを組んだ(ら満足して)→ 二足の下半身を作った(けどサーボが足りなくて)→ 最近はかわロボ長とかわロボを共同制作している」という変遷をたどっている。実は彼は、今部で最も活動していると思われる人間なのだが、残念なことに飽きっぽいので、どれも中途半端にしか作らない...。まあ、好きにしたらいいさ。(1年のうちはね)

そんなわけで、今回の参加機体は、“キクチ1号”と“ミルフィー・eye"である。
(※最近ミルフィーは、フルカラーLEDの目がついた。上の写真参照。)

以下ではサバゲの模様を伝えるが、写真を多用するので追記に書くことにする。


【“14thロボでサバゲ参戦(?)記”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。