無線研の活動日誌

東京理科大学I部無線研究部の日々の活動状況を葛飾よりつぶさに報告いたします。 たまにプギャーしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二足ラック買いました

二足班の角砂糖です

本日はモーション作りの頼もしい味方を紹介します!

・・・ら、ラックです!モーション作りの際に上から固定して必要以上に倒れないために買いました。本日はこの子のおかげでいくつかモーションを調整できました!!

上から吊り上げているだけなのでかなり揺れますがないのと全然違ってラクになりました。

本日は超二足さんもいました。明日のチキチキの整備をしていました。明日応援できる人がいたら見に行ってあげて下さい。
詳細はチキチキロボマッチでグぐってください。

これからの二足班はAとCの二体を以前より動かせるように頑張っていきます!!KC390001.jpg
スポンサーサイト

無線機購入!!

こんちは keiki です。

無線機を購入いたしました
無線機1

実物はこんなん
無線機2

ナントこの無線機[FT-817]・・・電源装置が要らないはず

富士無線にて購入し、お値段は7万弱。
小さくて軽くて電池で動く上に・・・無線研で扱っているすべてのバンドに対応!!

光通信の装置にも対応しているコイツ・・・今後の活躍に期待

コンデンサと電気科の威力

名無しA
今日は部の超OBが様子を見に来てくれました。
回路で行き詰まっていたところにさっそうと現れたその方は、
症状を聞くだけで、あっという間に解決方法を出してくれました。
今回のことでコンデンサの重要性と、OBの偉大さを再認識しました。
助言をありがとうございました。

   kon
    いただいた電解コンデンサ


名無しB
ところで電解コンデンサによって音質までこんなにかわるとは・・。

思いもよらず・・改めて回路の魅力を感じました。
アンプ作ってみたくなりました。
いただいたコンデンサ大切に使わせていただきます。


では・・。


PC大掃除

今日も部室はがらがらでした。
入講制限もないので、新歓に向けて積極的に部室を活用しましょう。



今日は部員が使うパソコンの整理を行いました。
デスクトップの整理と、マイドキュメント内の整理を行いました。
ごみ箱がいっぱいになりました。
デスクトップがアイコンだらけだったのが改善され、多分起動も早くなりました。

マウス班も活動していたみたいです。



<部のPCについて>
必要と思われる分類別に、デスクトップにショートカットを作ったので、ファイル等はその中に入れるようにして下さい。
分類上必要なものがあれば増やしてもらって構わないです。
ただし、フォルダそのものはマイドキュメント直下に作成して、分かりやすい名前にしてください。
デスクトップにファイル、フォルダを置かないでください。

今日わからなかったものは未整理フォルダに入っているので、身元が分かる人は分類してください。
ほとんどのファイルは消していないので、行方不明のファイルがある場合には、マイドキュメントの中を頑張って探してみてください。



今日部室に入ってびっくり、床にごみが散乱しすぎです。
ごみはしっかりとゴミ箱に捨ててください、床はゴミ箱ではありません。
作業部屋で作業をしたらしっかりと片づけをして帰ってください。
他班の人の作業に支障がないよう、よろしくお願いします。



by パソコンも部室も掃除する整備長

二足進歩

20090220190815.jpg

今日はかわロボと二足が作業していました。

二足はC用の降圧回路のようなもの(写真)を作っていました。

久々に半田ごてに触れたので素手でこてに触ってしまい火傷する人も出ました。
ざまぁ
一応回路はほとんど完成したので近いうちにCが復活する・・・はず?

まあ新歓までには・・・いや、来年度中には

人少なっ!

今日は部員があまり来ていませんでした。
・二足 2人
・ロボ 1人
入校制限は今日で暫く無いのでみなさん奮って班活しましょう

1・2年生より3年生の影が数多く見えたのはきっと気のせいでしょう

by 二足長

新ロボ進歩

こんにちは、かわさきロボット班1年の竹内です。

本日は午後1時から8時30分まで作業を行い(断続的に休み)、新ロボのアームと足を合体させました。これで外形は完成です。配線や動作の微調整などは今後行っていきます。

なお、今日は夕方までマウス班も活動していました。個人製作のために部室に顔を出す先輩も何人かおられました。

明日は1日休みとし、明後日から活動を再開します。まずはバンドソーの刃を買いに行くことから始めます。

光通信見学

こんにちは 部長 です。

本日、足立区にある(株)大光デンシといところに行ってきました。

<見学内容>
光通信という新技術を体感してきました。
どんな技術か一言でういと・・・
「すげぇ技術」です。
光で声が鮮明に聞こえました。
・・・詳しくはCQハムの11月号('08)に書いてあるのでそれ読んでくださいm(_ _)m


今年度は
こんな感じの技術やらを外部の力を借りて
どんどん取り入れていきます

2009年第1と1/2回部会 inタングラム

連絡等
・Y会
QSLカード出しました。

電子ログ以降は無し

【“2009年第1と1/2回部会 inタングラム”の続きを読む】

二足班(超でなく)、班活スタート!!

今日から二足班の班活が正式に始まりました

どうも、イチローです

とりあえず、今日の活動内容は、アルファのヒザサーボのチェックと、チャーリーの干渉部分の修正をはじめました

かわさき班も班活始まってるみたいで、頑張ってました

新歓に向けて、出だしは好調のようです

このペースが今後も続いていけば、イイ新歓になると思います

第一回チキチキロボマッチに参加

どうも超二足です。
テストで忙しかったこともあり二足会議の報告を除けば久々の活動報告です。

タイトルのとおり第一回チキチキロボマッチに参加申込をしてきました。
予選日はいくつかありましたが、早い方がいいだろうと2月28日にしました。
ROBO-ONE決勝用の新ロボの大会お披露目はROBO-ONEを予定しているためサイコロ一号で参加するつもりです(そもそも完成していないですし)。
すでに認定をとっているロボが出て出場枠を減らすのはどうかなと少々迷いましたが、サイコロシュートのある競技にサイコロ一号が参加しないというのはないだろうと思いまして……
まぁ、こちらの試合ではサイコロシュートの点数に加算されるかは分からないのですけど。
一応2月28日の一週間前に練習会もあるので、前回の反省点であるモーションの改良などを行いもう少し早く動けるようにして挑戦したいと思います。

ROBO-ONE用の新ロボVARIANT-Ⅱについては今現在設計中です。
構想自体は出来つつあるので今は具体的に寸法を入れていく段階なのですが、実際のモーターの配置などノートと定規を持って四苦八苦しているところです(まぁ、それが楽しいのですけど)。
構造は以前作ったVARIANT-Bのように足ヨー軸を両軸で支えるタイプにする予定です。
VARIANT-B
VARIANT-B

まだ設計中ですが、なんとか3月中には機体を完成させ4月最初の新歓ガイダンスにはお披露目、4月中にモーションを作り5月のROBO-ONEに突入できるよう頑張りたいです。

第4回及び第5回二足会議

超二足です。
年末及び、先日行った第4回及び第5回二足会議の報告です。

<第4回二足会議>

・内容
前回ROBO-ONEや幾つかの大会を紹介した続きとして企業が行う大会として、KONDO CUPKYOSHOアスレチックヒューマノイドカップロボプロの存在を紹介しました。
バトルではないですが、市販製品の大会を考慮した場合は参考になるので是非ともチェックしておいてください。
その後、以前口頭で説明した暫定的なタイムスケジュールを配布しました。
そして、今後機体規格を考える際の参考としてROBO-ONEの足裏規格の移り変わりを見ていきました。
なお、資料では第12回大会から胴体から前後に動く地面の高さを基準としていますが、これは間違いで正しくは12回大会は左右または前後どちらか長い方が基準となりますので訂正お願いします。
また、11回大会以降の機体規格区分として
1キロ以下、2キロ以下、3キロ以下、4キロ以下、5キロ以下となっていましたが、正しくは
1キロ以下、2キロ以下、3キロ以下、5キロ以下、5キロ超です。こちらも訂正お願いします。
ちなみに、今現在第15回大会の機体規格も発表されています。今後の参考に確認しておいてください。

<第5回二足会議>

・内容
大会用機体規格の予定を発表しました。
出来るだけ多くのロボットを参加させるようにROBO-ONEより若干緩い条件にし、市販製品の参加は機体規格を満たしていない場合も許可している仕様となっています。
ただし、大会の時間的都合上重量級や軽量級の区別がつかないため大会のルールの方でなんらかのハンデをつける必要があることを説明し、また、機体規格審査については受付での時間短縮のため基本的に重量の計測以外は行わない予定でいることを説明しました。
次にバトルのルールをどうするかということを説明しました。
ROBO-ONEと同じく3ダウン制を予定しているものの、今現在第15回ROBO-ONEでスリップダウンがなくなるなどの動きがあるためそれについてどうするか、また体重比によるハンデをどのラインでどのようなものを設定するかといった問題点を挙げ、これについて次回まで考えてきてもらうよう促しました。
この際、体重差のあった対戦の例として第14回大会でのALCNON?VSNeutrinoの対戦を紹介しました。
ただし、実際の大会では一応上限として5キロまたは6キロ程度を想定しているのでハンデなどを考える時は基本的に10キロ以上の機体は例外として考えておいて構わないと思います。

以上が前回と今回の会議の内容です。
資料は近いうちに部室のPCに入れておくので欠席した人は確認しておいてください。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。