FC2ブログ

無線研の活動日誌

東京理科大学I部無線研究部の日々の活動状況を葛飾よりつぶさに報告いたします。 たまにプギャーしてください。

アメリカの大会に出場してきました(その1)

2019年度部長の白石です。

Twitterをご覧の方は、ご存じかと思いますが、9/6~9/15にかけて、CanSatと呼ばれる模擬人工衛星の大会(ARLISS)に出場して参りました。その結果のご報告をさせて頂きます。
と、その前に、CanSatと大会についてご説明させて頂きます。


CanSatとは

Wikipedia大先生曰はく、

CanSat(カンサット)あるいは缶サット(かんサット)とは、宇宙技術の教育を目的として、小型衛星で用いられるものと類似の技術を使用して製作される、飲料水の缶サイズの小型の模擬人工衛星である。

だそうです。

要するに、人工衛星の特徴である非修理系であることや、ダウンリンクであることを意識して、缶サイズという大きさの制約を守りながら、面白いことをしましょう、というものです。


 多くの大会では、缶サイズのClassと、それよりも多少大きいOpenClassの二つが存在し、無線研としてはOpenClassとして出場しました。


大会(ARLISS)について

またまた、Wikipedia大先生曰はく、
ARLISS(アーリス、A Rocket Launch for International Student Satellites)とは、毎年9月上旬に米国ネバダ州ブラックロック砂漠で行われる、大学生を主とした小型人工衛星(CanSat)の打ち上げ競技会である。

だそうです。

この大会では、現地のロケット打ち上げ団体(AeroPAC)の方に協力していただき、小型のロケットでCanSatを上空5000m近くまで打ち上げてもらいます。そして、それぞれのチームがその状況を活かしたミッションを行います。(例えば上空の気温や湿度の測定など)

そして、パラシュートで降下したのち、CanSatに搭載されたローバーを用いて、完全自立走行でゴール地点まで向かう、というものです。そして、我らが無線研が行ったミッションは....

少々長くなってしまうため、次の記事に移りたいと思います。

では。

スポンサーサイト



ホームページを大幅更新しました

初めまして、電子工作班長の田端です。

この度、無線研のトップページの改訂および電子工作班のページの新設を行わせていただきました。

以前のトップページから、思い切ってデザインの変更をさせてもらいました。
ホームページを作ってくださったOBの方には申し訳ありませんが、以前から部員の間でホームページのデザインが古くなってきたのではないかという話が出ており、さらに自分が授業でHTMLに触れたというきっかけもあったので今回の大幅改定に至りました。

ちょうどいい機会であったので電子工作班のページの追加も行いました。まだまだコンテンツは少ないですが今後追加していく予定です。また、電子工作班のページの中には活動記録という項目がありますが、これはデザイン上追加したものなので活動報告はこちらで行っていくつもりです。

最後ですが、表示の確認はChrome、IE11、Firefoxでのみ行っています。それ以外のブラウザを使用した場合正しく表示されるかわかりませんのでご了承ください。

ポケット加工短縮ツール

CNCにおいて時間のかかる加工,ポケット加工.
少しでも早くしたいと思い,ツール作りました.
切削済み領域でのZ切り込み時間を短くします.

 切削試す時間が取れないので,人柱希望の方いらっしゃいましたら,どうぞ.
バグやら要望やら随時一応受け付けます.

URL: http://www1.axfc.net/u/3570775.zip

使い方と注意

0.対象
 cut2Dで生成したgコードファイル
(開発環境 EMC2 -G61Arcs(mm)(*.ngc))
G01,G00のみしか使用していませんので,環境依存性はないはず.

1.使い方
 Gコードファイルをドラッグアンドドロップです.
複数処理できるとは思いますが,確認はしていません.

 既に切削済みのZ値のところの0.05上の座標までG00でZ軸送りをするようにしただけです.

2.注意
ファイルサイズが大きい場合には対応しておりません.
手動でGコード側のコメントから日本語を抜いてください.
でないとクラッシュします.
要望がありましたら対応します.

G00とG01のみを追って生成しておりますので,
G01にxyz三軸同時切削パスが入っている場合には対応していないはずです.

 某SNSでも公開していますが,作者は同一人物です.

Z軸ドリルコード生成ソフト

CNCで切削するときにボトルネックになっている時間は何か?
それはZ方向切削である!!

 ということで,Z方向切削速度に優れるドリルを使用することで
短縮化が図れないか?そのような着想から作成されたのが
本ソフトウェアである.
 これにより,ドリルのみを使用したGコードを流したのちに,
エンドミルでの切削コードを流すことで,切削コード時のZ軸送りを
高速化可能である.

使用方法
 任意のNCコードをドラッグ&ドロップしてあげるだけで,
必要なドリル用Gコードが生成されます.

ドリルとしては(http://www.monotaro.com/g/00013782/?displayId=20)の
ようなエンドミルと同径のものを使用しましょう.
(違った場合は言うまでもないですよね?)

ポケット加工には対応していますが,
傾斜切り込みには対応していません.
ぶっちゃけ,Z軸下げる点を元コードから探して,
元コードと同じだけZ軸下げているだけです.

保存先urlは次の通りです.なお当然のことながら使用は自己責任で.
ttp://www1.axfc.net/u/3541255.zip

ちなみに後輩のrobo-oneの結果に関しては本人がそのうち書いてくれると思います.

かわいい時計ができそうです。

小林です。

件の時計が8割ぐらい完成しました。



機能としては時刻合わせのボタン以外ほぼ完成、

あとはケースに穴をあけてDCジャックをハメたり、ユニバーサル基板にパーツを配置したりすれば完成です。

字が汚いのはサンプリングが雑だからで、

文字がいまいち消えないのは、棒きれにそのへんに落ちてたフェルトを巻いたクソみたいなものでこすってるからです。

動画のように数字を4つ書くときは消す+書くに55秒かかります。

つまり5秒しか文字盤を掲げてる時間はありません。

それでいい、君はそれでいいんだ…。
次のページ