FC2ブログ

無線研の活動日誌

東京理科大学I部無線研究部の日々の活動状況を葛飾よりつぶさに報告いたします。 たまにプギャーしてください。

本年度の東京理科大学みらい研究室での「ニソコン」「WARS」の開催について

 平素より大変お世話になっております。
 本年度の「ニソコン」「WARS」の開催について、現状をお伝えいたします。
 東京理科大学Ⅰ部無線研究部は、毎年6月中旬に開催される理科大性による科学体験イベント「みらい研究室」(以下「当イベント」という)で、二足歩行ロボット競技大会「ニソコン」、バトルロボット競技大会「WARS」を開催しておりました。
 本年度はこの度の新型コロナウイルスの感染の影響により、当イベントの開催日程について、みらい研究室実行委員会より延期または方法を変えてのイベント開催を候補に入れ検討中との回答を得ています。また現在学生のキャンパスへの立ち入りを制限されており、当イベントの6月開催は難しいと考えられます。
 これを受け私たちは、当イベントが延期して開催される場合、できる限り大会は通常通り開催したいと考えています。しかしながら、イベントの開催形態などの状態によってはやむを得ず中止する場合があります。大会を開催する場合には、皆様に大会の開催を周知し、参加者を募集させていただきたいと考えています。

2020年5月26日
東京理科大学Ⅰ部無線研究部 部長
篠原 有輝

スポンサーサイト



第18回ニソコン結果

第18回ニソコンは無事終了しました.
第18回ニソコンの結果は以下のようになりました.

・障害物競争
障害物競走の順位とタイム表は次のようになりました.
一位:ex machina 残りタイム 2:28

二位:ガルー 残りタイム 1:56

三位:わだつみ 残りタイム 1:30

・格闘技大会
格闘技大会のトーナメント結果は次のようになりました.

一位:ex machina

二位:クロムキッド

三位:ガルー


・人気投票
人気投票の結果は次のようになりました.

一位:赤風 21票

二位:ガルー 13票

三位:軽王丸 11票


・総合順位
総合順位は以下のようになりました.
一位:ex machina

二位:ガルー

三位:クロムキッド

以上です.
皆様ご参加ありがとうございました.
6月に行われるみらい研でも開催いたしますので是非ご参加ください.

S__2293779.jpg

第18回ニソコン開催のお知らせ

お世話になっております.

今年度のニソコン担当の 篠原です.

 

理大祭での第18回ニソコンの開催を正式に告知いたします.

 

◎日程 1124日(日)

 

◎スケジュール 

 10:00 受付開始

 10:40 開会式

 10:4512:00 障害物競走開始

 12:0013:00 お昼休み

 13:0015:00 格闘競技大会開始

 15:0016:00 格闘競技エキシビションマッチ(参加は任意です)

 16:15~ 閉会式

 

◎場所 東京理科大学葛飾キャンパス 体育館

 

https://www.tus.ac.jp/info/access/katcamp.html

 

◎競技

・障害物競走

・格闘競技大会

・人気投票

 

◎ルール詳細

・障害物競走

二足歩行ロボットによる障害物競走です.

ルールは以下の通りとします.

・タイムリミットは3分,ゴールできなければその地点で終了です.

・転倒時の減点はありません.ただし,タイムは一時停止しません.

・場外の減点はありません.ただし転倒同様,タイムは一時停止しません.

 

・格闘競技大会

トーナメント戦です. 格闘競技大会のルールは第35ROBO-ONE準拠とさせていただきます.

 

・格闘競技大会エキシビションマッチ

・格闘競技大会のエキシビションマッチです.

・戦いたいロボット同士で自由に闘ってください.

・参加は任意です.

 

注:ルールは場合によっては当日に変更されることがあります.

  その場合,当日に会場の方でお知らせいたします.

 

◎エントリー

参加希望の方は以下の方法でエントリーを行ってください.

①以下のURL(二足班ホームページ)にアクセスして,エントリーシートをダウンロードしてください.

 

https://www.ed.tus.ac.jp/~musen1/nisoku/index.htm

 

②”エントリーシートの書き方”を参考にエントリーシートを記入して,以下のメールアドレスに送信してください.エントリーはこのメールに対する返信を以て受理完了とします.

musen1@ed.tus.ac.jp

 

エントリー受付締め切りは1117日(日)とさせていただきます.

机,控室の予約のために人数の確認をしたいのでお早めにご連絡をお願いいたします.

皆さんの参加をお待ちしております.奮ってエントリーしてください.

 

スケジュールは参加人数によって変更になる可能性があります

 

後日変更がありましたら追記します.

 

その他質問等ありましたら以下のアドレスに連絡してください.

musen1@ed.tus.ac.jp

2019 年度中間コンパのお知らせ

ss

2019 年度中間コンパ長の宮崎隼輔です。
毎年恒例の無線研中間コンパを、今年度も開催することとなりました のでご案内申し上げます。
下記 URL のフォーム に、詳細が記載されています。
ご一読の上、フォームに回答願います。
 
▼東京理科大学 I 部無線研究部中間コンパに関して ( 回答締切: 12/1)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAi1y3h245ow7OS28WQTQ27FBvdwLcAkTTn9rsFBDq5MruOA/viewform?usp=sf_link

日時:2019年12月7日(土) 午後6時00分(受付開始は午後5時40分からです。)
会場:東京理科大学 葛飾キャンパス 食堂2階
会費:5000円 (当日受付にてお支払いください。)

*********************************************
東京理科大学 Ⅰ部無線研究部 中間コンパ長
宮崎 隼輔 ( musen_compa@yahoo.co.jp ) 
連絡用掲示板: http://tusmusen.bbs.fc2.com/

アメリカの大会に出場してきました(その2)

部長の白石です。

前回の記事の続きを書いていこうと思います。

我々無線研CanSatチームが、ミッションに据えたのは、
無重力下での成型技術の検証

であります。

これは、「無重力状態では下向きの重力が無いため、全方向に対して均一な環境であり、樹脂などの粘性流体の成型に有利な環境なのでは?」という部員たちの予想を基にしました。

では、実験系について詳しく説明していきたいと思います。

私達は、図1のような実験系を用意し、CanSatに組み込むことにしました。


experiment.png

図1. 実験系

作りは単純で、CanSatに搭載されている加速度センサが無重力を示したら、ソレノイドを動作させ、UVレジンを押し出す、というものなのですが、実際は、レジン硬化用のUVLEDや記録用の小型カメラ、また遮光のためのケースなどと一体になっており、CanSatに搭載できるギリギリのサイズと重量となっていました。


そして、製作段階から決めていた、ミッションとランバックのサクセスクライテリア(成功度合いを決めたもの)がこちらです。


ランバックのサクセスクライテリア

1570438303392.jpg


・ミッションのサクセスクライテリア

1570441832625.jpg


そして、結果は、

ランバック ・・・ ミドルサクセス

ミッション ・・・ アドバンスドサクセス

でした!

ランバックも、ゴールはできませんでしたが、ゴールに向かって走り出すことができ、ミッションに関しては、当初想定していた通りに動作してくれて、120%の大成功でした!


以上、大会の結果発表でした。

アメリカ編その3以降は、アメリカ遠征初日からの日記的なものにしようと思います。


次のページ